せどり

【店舗せどり】ビームが必要な人、いらない人


【店舗せどり】ビームが必要な人、いらない人

 

「ビーム」とは手の平に収まる携帯バーコード読み取り機
のことを指します。
(レジでバーコードをピッとする機械の小型版)

 

私は店舗せどりの際、使っています。

 

その理由は

 

・読み取りが断然早い
ケータイでのバーコード読み取りはカメラの照準に
合わせるため数秒かかります。
ビームは瞬時に読み取るため、数倍早いです。

 

・大きい箱物をクルクル動かさなくて良い
箱の側面や底にバーコードがある場合、カメラだと
商品を棚からおろして、横にしたり、ひっくり返したり
しなければ読み込めないことが多々あります。
ビームだとおろさずに少しずらせば済むことが
多いです。

 

・店員の目を気にしなくなった
これは個人的なものですが、店内でケータイを使って
調べることにすごい抵抗がありました。
店員の方の目が気になって仕方がなかったです。
始めた頃はそのせいで検索があまり進みませんでした。
ビームを使うと仕入れ判断するときにケータイを見るといった
感じになるので終始にらめっこしない分、気が楽になりました。
未だに小さいお店で店員との距離が近いようなとき
ポケットにケータイを入れたまま、サーチしたりしてます。

 

ビームがあると便利な状況は

 

・全頭検索
何が利益差のある商品なのかわからないので
店の商品を片っ端から調べる。

 

・家電量販店
バーコード付きの値札が並んでいるので
一気に調べられます。

 

・本やCD、DVD
量が多いので
特に本の場合は必需品と言えるでしょう。

 

逆にあまり活用できなかった状況は

・本やCD、DVD以外のリサイクルショップ
家電がそのまま展示されているのでバーコードが無いことが
多いです。型番や名称を手打ちすることになります。

なので
主な仕入れ先がリサイクルショップの場合はビームは
あまり必要ありません。

また
事前に下調べをして利益の出る商品を店舗で仕入れる
スタイルであれば同様に必要ありません。

 

 

私個人の意見は

・店舗せどりで月に10万以上稼ぎたい
・定期的に店舗へ足を運ぶ
・どれが利益の出る商品か検討もつかない
・主な仕入れがが本または新品商品

であれば、ビームを利用することを
おすすめします。

一日に検索できる量が大幅に増えるので
特に初心者で商品知識が無い方こそ必要だと
考えます。

 

 


-せどり