せどり

アカウント閉鎖の危機 amazon(アマゾン)で海賊版の販売を疑われたときの話

2017/01/08


アカウント閉鎖の危機 amazon(アマゾン)で海賊版の販売を疑われたときの話

 

 

あるとき、amazon(アマゾン)から

出品キャンセルのメールが届きました。

 

海賊版1

 

 

最初このメールを見たとき、

初回限定盤のAパターン・Bパターンみたいな

バージョンを間違えて出品してしまったのかな?

と思っていました。

 

 

ただ、よく読むと

 

 

海賊版2

 

場合によっては

 

アカウント閉鎖します

 

と只事ではない様子。

 

閉鎖

 

カスタマーサービスに確認したところ、

 

購入者から海賊版ではないか?

 

と連絡がきたそうです。

 

なので正規品である証拠を提出してください

 

ということでした。

 

 

 

海賊版3

 

商品は店舗で購入したものなので

レシートを撮影してメール送信しました。

 

領収証資料1

今回の商品と

仕入先の名称と電話番号をおさめてます。

 

 

 

amazon(アマゾン)からの返答

海賊版4

 

却下されました。

 

改訂・偽造の余地があると判断されたようです。

 

いつも以上に資料を念入りにチェックしているようです。

 

 

再度送り直しました。

領収証資料2

レシート全体とクレジットの控えを

撮影して送信しました。

 

この資料は見事受理されて

疑いを晴らすことができました。

 

 

 

該当商品も出品可能になりました。

(まぁ、販売の時点で値崩れしていたので

これ以後仕入れてはいないのですが)

 

 

店舗からの仕入だったので今回は

無罪証明できましたが、

ヤフオクやフリマから仕入れていたら

アカウントが閉鎖されていたかもしれません。

 

仕入れる際は偽物にはくれぐれもご注意ください。

 

 

アマゾンでのトラブル関連の記事はこちら

amazon(アマゾン)から売上が入金されない

 

 


-せどり