せどり

いらないDM(ダイレクトメール)を配達停止するには郵便物の受取拒絶が有効

2016/10/18


いらないDM(ダイレクトメール)を配達停止するには郵便物の受け取り拒否が有効

 

商品を購入するとDMハガキが店舗やサイトから送られてくることがあります。

 

dm%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

よく利用するならセール情報やクーポンがあるので有難いのですが

中には一度しか利用したことのない店など不要なものもあります。

メールなら配信停止にできますが、郵便物ではできないのでしょうか?

 

実は受け取り拒否で相手に送り返すことで配達停止にできます。

 

やり方は

メモか付箋に

 

・「受取拒絶」

・フルネームの署名もしくは捺印(シャチハタで可)

 

と書いて対象の郵便物に貼ります。

%e5%8f%97%e5%8f%96%e6%8b%92%e7%b5%b61

 

 

メモや付箋は相手先に渡るので受取拒絶だけだと

キツイ印象があるなと感じられる方は不要理由を綴っておくと

丁寧かもしれないですね。

%e5%8f%97%e5%8f%96%e6%8b%92%e7%b5%b62

(受取拒絶の文字の色は赤である必要はありません)

(ただ赤が見た目わかりやすいとは思います)

 

返送する封筒にテープ留めして

%e5%8f%97%e5%8f%96%e6%8b%92%e7%b5%b6%e8%b2%bc%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91

あとは普通のハガキを出すように

・ポストに投函する

・郵便窓口に出す

・配達局員に渡す

このとき、返送代はかからないので安心してください。

 

注意点として

・既に開封された郵便物は返送できません

・郵便局が配達したものだけが有効

(クロネコヤマトのDM便などはできません)

 

受取拒絶したからといって必ずしも配送停止になるとは

限らないのですが、DM送るのにも経費はかかっているので

大体の会社は送ってこなくなります。

今回はDMで説明しましたが、不審な、迷惑な郵便物にも

使えます。ゴミとして捨てる手間も省けますので届いた際は

是非活用してみてください。

 


-せどり