生活情報

おもひでぽろぽろで分数の割り算になぜ逆数をかけるのか?出てきますね

2017/02/07


おもひでぽろぽろで分数の割り算になぜ逆数をかけるのか?出てきますね

 

 

ジブリ作品の「おもひでぽろぽろ」で

主人公のタエ子(小学5年生)が

分数の割り算につまづくシーンが出てきます。

 

算数ドリル

 

 

2/3 ÷ 1/4

 

テストの点数が悪かったのでおねえちゃんに勉強を

見てもらっているのですが、

逆数をかける意味がわからないのです。

 

 

おねえちゃんも意味を理解しているわけでは

ないですが、そういうものだと割り切って

計算しています。

 

だからタエ子にもただ逆数をかければいいのよと

説明しています。

 

 

 

分数の割り算がすんなり出来た人は

その後の人生もすんなりいくらしいのよ。

 

大人になったタエ子が思い出として語るくらいですから

よほど印象があったのでしょう。

 

 

 

割り算は

足し算、引き算、掛け算を複合的に使いますし、

余りという他の計算では出てこないものも

出てきます。

 

筆算の仕方も含めて複雑でややこしいものです。

 

 

 

日常で行う割り算は分け前がいくつかを

求める事が多いです。

 

 

算数りんご

6個のリンゴを2人で分けると1人3個です。

1(人)あたり3(個)の量を求めたわけです。

 

タエ子もこの考え方はわかっています。

でも1/4を分ける感覚がわからないのです。

 

 

 

ダンケは感覚派だから

理屈とか計算は苦手です。

 

算数や数学はいまだにたじろぎます。

 

割り算の意味とか説明みても

いまいちよくわからんのです。

 

 

なので

 

 

ダンケは逆数になる理由はこう理解しています。

 

2/3 ÷ 1/4 ×1

後ろで1をかける。

 

2/3 ÷ 1/4  ×( 1/4 × 4/1 )

×1を変形する。

 

2/3 ÷ 1/4 × 1/4 × 4/1 

同じ数字をかけて割っているからけせる。

 

2/3 × 4/1 

結果、逆数が残る。

 

 

答え 8/3 (2と2/3)

 

これがわかりやすかったので

取り入れてます。

 

 

文系派はこちらのほうが馴染むかもしれません。

 

富山って万葉集にちなんだイベントがあるんですよ

 

 

 

 

 


-生活情報