せどり

違和感を感じてみよう(せどり)

2016/11/17


違和感を感じてみよう(せどり)

 

 

店舗せどりだと

まず、目につくのはワゴンのセール品です。

 

ここを狙うのは当然なのですが、

最近はせどらーさんが増えている為、わかりやすいワゴンは

すでに利益のある商品が取られていたりすることも多いです。

また店側でもおひとり様一点限りなどの数量制限を設けていたりします。

 

ワゴンだけだと仕入れが頭打ちになってしまいますので

今回は通常棚という普通に商品が並べられている所から

仕入れる見方を紹介します。

 

 

例えばカメラケースの棚

カメラ棚

 

特にセールしているとか色のついた値札がついているわけではありません。

しかし、全体を眺めていると

ここだけ周りの値札と価格に差がありました。

ほかのカメラケースは1500~7000円しているのに

赤丸のは500円です。

カメラケース

 

 

別の棚でも

20161109_172655_266

 

20161109_172726_454

 

4~500円のカメラケースがありました。

アピールしてませんがこれらは大分値引きされたセール品なのです。

 

今回は周りとの価格差に注目しましたが、

ほかにもパッケージが年季の入っているものだとか

置いてある商品から違和感を感じられるようになると

仕入れられる量が増えていきます。

 

また、このジャンルの商品の価格帯はいくらだとか

このメーカーは人気がある等

商品に関する知識が増えるとこの違和感に敏感に

反応できるようになります。

 

 

例えばアイスクリームが30円だったらすごい安いと思いませんか?

また100円だったとしてもそれがハーゲンダッツだったらどうでしょう。

高級アイスブランドだと知っていれば割安だとわかります。

 

各商品・ジャンルの相場を把握できるようになると見た瞬間に

利益が出る商品にあたりがつけられるようになります。

 

 

今回仕入れに行った家電量販店に関する記事はこちら

ヨドバシカメラ・ビックカメラ・ヤマダ電機に都内無料配達をお願いしてみた

 

 


-せどり