マインド

運動音痴でもマラソンはできる・逆上がりもできる・せどりもできる

2016/11/21


運動音痴でもマラソンはできる・逆上がりもできる・せどりもできる

 

 

あなたは運動が得意でしょうか?

ダンケは逆上がりができないくらい運動音痴です。

ハンドボール投げとか10m届きませんでした。

運動会は憂鬱だったタイプです。

 

 

そんなダンケですが、ハーフマラソンに参加したことがあります。

その時は無事完走し、タイムも1時間40分ほどでした。

マラソン

 

もし、あなたが今10㎞走ってみてくださいといわれたらどうでしょうか?

ゲッ、無理無理と思った方もいらっしゃることでしょう。

 

 

こんなデータがあります。

参照:

http://www.runnersworld.com/sweat-science/talent-v-training-in-runners

 

このデータでは短距離走者はトレーニングを受ける前から元々速かった。

つまり努力云々よりも才能・素質が元々あったから結果が出せたみたいなことが書かれています。

成功の理由が才能といわれるとキツイですよね。

 

対して長距離走者は適切なトレーニングを受けた場合、あまり努力してない才能者よりも

成果が出ています。

努力が報われているのです。

実際、マラソン選手の中には体育の成績が2とかで運動神経が良いとは言い難い人がけっこういたりします。

 

 

マラソンを実際に体験してみて思ったのは完走するには運動神経の有無ではなく

ゴールするという強い意志がとても大事だということでした。

一歩一歩前へ進めばゴールできますが、つらいからと途中でやめてしまったら辿り着けません。

 

普段走らない距離ですから練習が必要ですが、

「朝寒いから」とか「仕事で疲れて」と休む言い訳ばかり頭に浮かびがちです。

ここで奮い立って頑張るとゴールするための体力がついてきます。

逆にズルズルとさぼるようになると走るという習慣自体をいつの間にかやめてしまいます。

 

せどりも同じです。

 

才能は必要ありません。誰でも稼ぐことが出来ます。

ただし、リサーチや梱包など地味で地道な作業が多いです。

必要になるのは絶対稼ぐという強い意志

結果が出るまで日々コツコツと進められる継続力です。

 

せどりはマラソンと違い、ゴールが目に見える形で存在しません。

なので成果がすぐ出ないと辞める方が多いです。

(始めて一年以内で九割の方がやめてしまいます)

続ければ結果はついてくるのに非常にもったいないです。

 

とはいえ、先の見えないゴールへ向かい続けるのは大変なことです。

 

そこで秘訣をアドバイス。

コーチをつけることです。

師匠(メンター)を見つけて学ぶほうが続けやすいです。

理由はコーチ(メンター)は目標までの道のりをわかっているので

今どの位置(段階)かを教えてくれます。

またフォームなどやり方が悪い場合は指導・修正してくれますので

成果が早く大きく出やすいです。

 

ダンケは社会人になってからコツを教えてもらって

冒頭の逆上がりができるようになりました。

教えてもらわなかったら未だに出来てなかったです。

 

 

師匠選びのやり方としては

ブログやメルマガを閲覧して良い内容が充実していたら

一度お問合せしてみましょう。

返信が早かったり、誠実に対応してくれればフォローが

しっかりしているので安心です。

逆に返信が遅かったり、欲しい内容を答えてくれない場合は

わからないことがあってもなかなか教えてもらえないので

おすすめしません。

 

もし、せどりに興味・不明点があればダンケも相談にのりますので

お問合せ願います。

お問い合わせ

 

 

こちらの記事もどうぞ

せどり初心者は仕入れた商品を1ヵ月で売るようにしましょう

 

 

 


-マインド